やくざ猫のマタタビはもう勘弁

yakuzaneko.exblog.jp
ブログトップ

経済の勉強

会社で経済に関する作文(論文?)を書くことになったんで、
本屋で目に付いた本を参考書にしようと購入した。
著:藻谷浩介 「デフレの正体」 角川

話としては割と分かりやすい。
よくテレビで経済学者が色々言うてるのを聞きながら、
「結局何の話をしてるんか」とよく思ってたんやけど、少なくともそれよりは分かりやすい。
まぁ具体的な方策が書いてあるというよりは、問題点が何かって話やねんけど。

ただ、内容としては間違いもあるらしく、批判とかも色々ある様子。
amazonレビューとか、菅原晃氏の記事まとめとかがあるんで、そっちも併せて読むとよいかも。
批判記事の内容を読むと色々「ふーん」となるが、結局どうしたらええのか。

っていうか国会議員の人らもこの辺のことは把握してるんやろうか。
国会中継見てても、野党の若手とかはちゃんとしたこと言うてるけど、
年齢上がるにつれて「ちゃうねん。じいさん今そんなこと話してるんちゃうねん。ちゃんと話聞いといて」
って感じになってしまってるし。あれ逃げてるだけか?

最近、経済書のコーナーへちらほら行くんやけど、
結構おもしろそうな本とかあって、また読みたいなーと思う。

とりあえず作文頑張らんとな。もっと賢くなりたーい。
[PR]
by yakuzaneko | 2011-04-30 22:20 | やくざの日常

ブログを利用した備忘録


by yakuzaneko