やくざ猫のマタタビはもう勘弁

yakuzaneko.exblog.jp
ブログトップ

鳥居が続くよどこまでも

京都行ってきましたー。

っていうか京阪使ったら1時間で着くんやな。
もっと遠いイメージやった・・・こともないか。滋賀までチャリで行ってたし。

というわけで、まずは前から行きたかった伏見稲荷へ。
駅を降りたら12時過ぎてたんで、神社前のうどん屋へ。
「参拝する前に飯とか食っててすんません」と思いながら稲荷ずしセットを食す。うまい。
そして神社へ。
じゃりじゃりと砂利を踏み鳴らしながら境内に行くと
可愛らしい巫女さんが「東日本大震災募金」の箱を抱えて立っていました。

・・・ちゃりん♪ 「ありがとうございますー。」

・・・まぁ、あれは、仕方ない。
で、とりあえず名物でもある・・・なんやっけ?千本鳥居?を見に行きました。
うわー写真で見たことあるーとか思いながら潜り抜けるとまた一つ社が。
そこにはもう一つの名物「おもかる石」がありました。
なんでも願い事を考えながらその意思を持ち上げて、
軽いと感じれば叶い、重いと感じれば叶わないとか。
・・・ふむ。彼女が、できますように!と持ち上げたら・・・なんやろ。
難なく持ち上がったけど、ちょっと引っかかりを感じる程度?
つまりできるにはできるけど、頑張らんとできへんぞってことか!そらそうやな!
と、まぁこんなもんかと思いながら、帰ろうかと思ったところ、
なんか上の方から人がぞろぞろと降りてきたんで何があるんやろと思い、案内図を見ると、

上の社までの参拝コース、約2時間

まだあんの!?いや、正直もの足りんから嬉しいけど。っていうかそんなにあんの?
というわけでわくわくしながら山の方へ。以下、脳内のつぶやき。

うおー鳥居が鳥居で鳥居やでー!鳥居ばっかやん!
あ、職人さん鳥居の修復ですかそうですかー。
っていうか参拝客多いなー。まぁGWやからなー。っていうか階段キツイな!
っていうか山の中にまで延々鳥居て!そして社多すぎやろ!どんだけ祀ってんねん!
まぁあんだけ神さんおったら鳥居も要るんかなー。
あーまた職人さん鳥居の修復してる。まぁ数考えたら毎日やっても追いつかんか。
っていうか鳥居の職人さんの名前同じ人ばっかりやな。すごいな。
また社か!でもここは健康祈願っぽい?さい銭さい銭・・・。
狐、狐・・・うおっ!獅子と狛犬がおる!狐と喧嘩しそうやな(笑)
どんどん森の匂いが濃くなってくるな。テンションあがる。
 (中略)
そして頂上!・・・やけどもう社も見飽きてしまった・・・。
とりあえずお賽銭・・・百円玉しかない。まぁええか。
よっしゃ降りるぞー!っていうかもう一方のコース行くぞー!
下りはなんか新鮮・・・でもないな。鳥居ばっかりやし。でも涼しくてええな。
あとやっぱ俺、赤い色とかオレンジとか好きやなー。(鳥居は朱色やけど)
緑の中に朱色の鳥居があると映えるな!特に日の光があたったときの色は綺麗やな!
そういえば音楽聴きながらやとどうなるんか・・・(MP3プレイヤーはと・・・)
!これは!これはうほーーー!ふほほーーー!

という感じで、途中1回お茶屋さんでひやしあめを飲み(美味かった)、ぐるっと回ってきました。
あと一人旅で行く方は1回だけ鳥居だらけの場所で音楽聴いてみると面白いかと。
ずっと音楽かけっぱは面白くないと思うけど、途中で少しやるなら凄い新鮮な感じに。
できれば宗教音楽とか、なんか人間味の感じられへん音楽とかやと気分高揚すると思う。
で、下に戻ってきたとこで、おみくじを購入。

「吉凶 未分(よしあし いまだわからず) 末大吉」

うん?これは・・・大吉なんか?とりあえずそのうち良くなるいうことか。
で、次は八坂さんを見るかと考えて、
神社周りのお土産やで煎餅やらわらびもちやらを食べながら駅へ。
で、四条駅降りたら、すげぇな人が!さすが京都の繁華街四条!
もちろん鴨川の岸辺には名物等間隔カップルの群れ!っていうかさすがに寒いやろ!
で、八坂さん見て(疲れてたから知恩院までは行かず)、引き返して四条で飯食って帰りました。

疲れたー。っていうか黄砂がひどかったからのどが痛い。ほんま勘弁してほしいな。
っていうか中国に賠償請求せーへんの?散々有害物質混ざってんのに・・・。

まぁそんな感じの一日。みんな九州に帰ってる中、
ひとり関西残って寂しかったけど、別にええねん(泣)
これでGW満喫した気になるから!あとは作文書くだけやから!

・・・さて、九州にはいつ帰ろうか。っていうか九州帰ったら良かったな。マジで。
次帰れるとすると・・・お盆?・・・帰ってもみんなおらんのちゃうか?
とりあえず学祭は有給とってでも見に行くけど・・・どのタイミングで帰ろうか・・・。
[PR]
by yakuzaneko | 2011-05-02 21:10 | やくざの日常

ブログを利用した備忘録


by yakuzaneko