やくざ猫のマタタビはもう勘弁

yakuzaneko.exblog.jp
ブログトップ

一人カラオケ

よく一般人受けするアニソンって何かなーとか考えたりするが、
よくよく考えたらアニソンを聞かせて共感を得ようというのが間違いではないかと思う。
アニソンはそのアニメの世界観を表現しようと作られた曲やと思ってるんやが、
それやったらアニメを知らずにその曲を理解するのは難しいし、
そもそもパっと聞いてノリ方が分かるようなアニソンってほとんどないしな。
アニソンはなんとなく方向性が内へ内へどっしりしたものを固めるような方向で作っていて、
逆にカラオケでよく歌われるJ-Popは、カラオケで盛り上がれるようにあえて中身を軽くして
その場の言葉のノリだけで曲に入っていけるようになってると思う。
なのでアニメを知らん人らとカラオケ行くと、ほとんどの人がそういうJ-Popを歌うわけで、
その中でアニソンを歌おうものなら対比でえらいことになる、と思う。
やから会社の人と行くときはアニソンは封印すべき代物で、
アニソンはオタク友達といったときに歌うようにしよう。
でもオタク友達が近所におらんから一人で行こう。
・・・寂しくなんて(以下略)
でもあれやな、寂しい状態に慣れると、寂しいと思わんようになってしまうな。
なんかこれはいかん気がする。
仕方ない。ガンプラ作って部屋の住人を増やすとするかな!
はっはっはっ・・・ははっ(泣)

ちなみに一人カラオケに行ったときにスキャットマン・ジョンに挑戦してみた。
正直、歌うのはそう難しくはない。ただ、英語が難しい。パッと読んでパッと発音が出てこない。
勉強せんとな・・・。
[PR]
by yakuzaneko | 2012-01-16 21:10 | やくざの日常

ブログを利用した備忘録


by yakuzaneko