やくざ猫のマタタビはもう勘弁

yakuzaneko.exblog.jp
ブログトップ

ガイなドラマがはじまったぜよ!

いつものごとくNHKでNHK7時のニュース→ダーウィンの流れを見ていたのですが、そのあと8時からNHKドラマ「坂の上の雲」をやるというので、チャンネルそのままで見たのですが、これは面白い!
いやまぁ話の内容としてはそれほど奇抜というものではありません。もちろん明治維新あたりの話なので時代の動く瞬間を題材にしているのですから、スケールはものすごいのですが、大河ドラマとかを考えると、いつも通り激しい内容といった感じ。すげぇのは映像の作りと俳優の演技による画面への引き込み方ですわ!
こ・れ・は・ハ・マ・る!
もっくんが主人公(主人公は3人いるので、そのうちの一人)なのですが、やっぱりあの人は表情が良い!
もちろん他の二人も、というか出てくる人一人一人、名前のある俳優さんから、後ろのいわゆるモブ(通行人見たいな人達)にいたるまで表情の一つ一つが素晴らしく、画面に引き込まれてしまいます。
そしてそれを引き立たせる画面割りも素晴らしい!
俳優たちの視線を追うようにカメラを動かすことで、画面の前にいる自分もその映像をその場で見ているような見せ方をしたり、俳優たちの動きが際立つようにカメラの距離を考えてあったりと、ドラマを作る上では当たり前なのでしょうが、久しぶりに感心する映像の作りでした。
またNHKのドラマ(大河ドラマとか)の特徴ですが、適度にナレーションを入れることによって、ドラマとして引き込まれているところから歴史ドキュメンタリーのように一歩引いたところからの視点で語ることによって、このドラマがさも史実そのままを映しているかのように感じられます。

いやぁ・・・一時間半、完全に引き込まれた。すげぇわ。
ドラマのタイトル聞いたときは「崖の上のポニョ」の関係者か何かかと思ってましたが、申し訳ありませんでした。・・・いや、もちろん崖の上のポニョもすごいんやけどね。ただイメージがちょっと合わんかったから。

いやー。主人公の名前を聞いたときは、なんかBBBに出てきたなぁ、ふーんとか思ってましたが、ドラマ始まったら完全にBBBのこととか忘れてました。

NHKのことやから多分再放送とかするやろうし、機会があったら見てくださいな。
[PR]
by yakuzaneko | 2009-11-29 21:48 | やくざの日常

ブログを利用した備忘録


by yakuzaneko