やくざ猫のマタタビはもう勘弁

yakuzaneko.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

猫凱旋

明日から大阪帰ります。そして車の免許をGetしてきます!学科試験受かるかな・・・。
[PR]
by yakuzaneko | 2006-09-24 12:03 | やくざの日常

新月

月姫全ヒロインのエンディング見ましたー。

・・・はぁ。奈須さん、あなたの文章はすごいよ。文字を読んでいるにもかかわらず、映像を見ているかのような文章。俺もあんな文章が書けるようになりたい。確か「空の境界」って小説が発売されてるんですよね。買おう。

さてさて、Fateもそうだったんですが、TYPE-MOON作品・・・というか奈須さんの物語で描かれているのは、何やろう?どう言えばええかな?人の・・・人が憧れる生き方というか、心のあり方、現実ではきっと実現されないような奇跡のような何よりも真っ直ぐな心。その姿は誰もが正しいと思うような、子供でもそれが正しいと思うような正義。人殺しは悪いことで、何かを守るために誰かを犠牲にするなんてのはやっぱやりたくないことで、大切だから、守りたいから守る。そんな人間ありえないと思うような人間の生き方。

なんというか

  正義の味方

     のような。

陳腐な言い方ですが、そんな陳腐なヒーローじゃなくて、本当に「ここまでいったら病気」と思うぐらい正しい。そして強い。心が、強い。苦しいことを乗り越える強さ。ただ一方的な正義を押し付けて悪を滅ぼすヒーローとは違う、優しすぎる、悪にすら優しさと憐憫と理解と救いを与えられるような、本っ当に「ただの人間」。これが「人間らしい」っていうことだ、とでも言うような。

こんな人間になれたら、世界で一番不幸になるか、世界で一番幸せになれるんだろうなと思います。ここまで人間は強くはなれない。こんなのは・・・。こんなのは・・・表現する言葉が見つからない。なんつーか、馬鹿、ですな。聖人君子。すっごい人間らしい聖人君子。そんな感じ。そんな男になりたかった。


・・・はぁ。久々に真面目な文章ですな。たかがゲーム相手に何を言ってるんやと、うちの兄は馬鹿にしそうですが、じゃあ小説やったらええんか?と、映画やったらええんか?と、現実やったらええんかと、問い返したくなります。現実と虚構は違う。けど、心で感じることは、そんなん関係ないんやから、現実であろうと無かろうと、結局受け取るのは心で、心にその一つの世界を受け入れることができたなら、それが現実であるかどうかなんて全く意味が無い。心の中では、現実も所詮「外の世界」なんやから、小説や映画がとても見事で、それが「一つの世界」を形成していたなら、それは心にとっては何ら現実と変わらない。それがゲームでも同じことやと思う。

・・・でもやっぱ「所詮ゲーム」とか言うんやろなぁ・・・。あんまり「ゲーム」っていうジャンルには当てはまらんようなモノやねんけどなぁ、最早。

最近は「表現の場」としてゲームを使うことが増えてきましたね。一昔前のアニメみたいな感じかな?昔は「所詮アニメ」と言われていたものも、最近では表現方法の一つとして受け入れられるようになりましたね。やっぱ宮崎駿さんとかの影響かなぁ。一時期は漫画で「活字離れ」が進んだと言われましたが、最近はラノベがあるから若い子も小説読むようになったし(内容とか文章表現はあまり上手とは言えないものも多々ありますが)最近は「遊ぶ人」の平均年齢が上がった所為か、大人にも受け入れられるような「子供の娯楽」が増えてきました。きっと、この世代の人が大人になったら、こういうのも受け入れられていくんやろうなぁ、と思います。どんなものであろうと、それが素晴らしいを思うなら評価すればええのにねぇ?まぁうちに兄は若い割に古い人やからなぁ・・・。まぁ尊敬できる人間なんですが。

あー、もう眠い。寝る。今日はここまで。では。


(・・・明日この文章読んで、恥ずかしいと思うんやろうなぁ。まぁええか)
[PR]
by yakuzaneko | 2006-09-23 01:31 | やくざの日常

たいふぅん

いやー、マンション揺れたー。まさか台風に揺らされるとは。

さて、だめぽ人間まっしぐらなやくざです。月姫、あと琥珀さんだけになりましたー。
つーか○○のシナリオ、救いが無さすぎる・・・。なんや、どうやっても幸せにはなれんのか?
まぁそのうち帰ってくる可能性が無きにしも非ずやけど。いや、あれは・・・。

まぁそんなわけで月姫もあとわずか。頑張って攻略して、早く歌月十夜を・・・。つーか今度こそさっちんのシナリオを・・・!

・・・で、月姫ハマりすぎのやくざは実に4日ぶりに教習所に行ってまいりました。恐かった・・・。エンストしまくった。あまり間隔あけるもんではないですね。覚えてるあいだにぱぱーっと免許取ってしまわねば。
[PR]
by yakuzaneko | 2006-09-18 15:27 | やくざの日常
飯食ってなーい!

朝から何も食べてません。そろそろヤバイdeath。

おそるべし月姫・・・。時間が経つことも忘れさせてしまうとは・・・。
そして月姫、シナリオがだんだんつらいものに。うぅ・・・鬱になる。


tanaさんへ。

オフ会ッスか?いいですねぇ。何のオフ会になるんかよく分かりませんが(笑)
ただ合宿後辺りの時期に大阪に帰ることになりそうなんで、参加できるかは微妙ッス。
とりあえず23日まではこっちにいますが・・・。
・・・amazonでサンホラの新曲頼んだんですが、到着するのが23,4日あたりだそうです。
ですが・・・amazonやから下手したら25日あたりまでかかるかも。
かといって30日にはこっちで用事あるから戻ってこないといけないので、まぁほんとに合宿直後なら大丈夫かもです。また何か決まったらメールで連絡ください。
[PR]
by yakuzaneko | 2006-09-16 16:36

にゃは

今更ながら「月姫」をやってるやくざ猫(♂)です。

うおぉぉぉ!侮っていた!まさか月姫がこれほどのものとは!そら業界を震憾させるだけのことはある!

事の始まりは俺がMeltyBloodに手を出してしまったことです。そもそも「月姫」とは2000年にTYPE-MOONという同人団体が出したサウンドノベル系のゲームで(もう6年も前!?)それの登場キャラクターによる格闘ゲームというのがMeltyBloodやったんですよ。で、そのMeltyBloodを先にやってしまいましたので、こう・・・本編の「月姫」もやっておかねば真にMeltyBloodを理解することができないのではないか!?つーかやりたい、やろう!みたいな感じで「月姫」をやることになったんです。

で、やってみて

うおぉぉぉ!侮っていた!まさか月姫がこれほどのものとは!そら業界を震憾(以下略)

てなわけで奈須きのこ(月姫シナリオライター)すげぇ!いや~、確かに誤字脱字は多々あるものの、そこらへんの小説より断然面白ぇ。Fateもよかったしね~。ちなみにFateってのは同じTYPE-MOONが作った月姫より後に出されたゲームで、こっちもかなりよかったです。つーかシナリオは下手な映画より凄まじく重みがあったし、分量多かったし(ちなみにプレイ時間50時間ぐらい)同じゲームでもFFとかドラクエとかのシナリオとは比べ物にならんほど深かった。で、先にFateやってしまったから「Fateの後に月姫やったら月姫は見劣りするんやろな~」とか思ってたんですがとんでもない!Fateに比べ多少文章の稚拙さは見られるものの、その構成とか設定とか文章の引き込み方とかその根幹にあるものはこの頃から凄かった。やるねぇ奈須さん。空の境界も買おうかな。

で、今現在2人分のエンディングを見終わって

やくざ「ぬはぁ!あっちょんぶりけっ!(涙)」

てな感じでして(どんな感じや?)あ~、Fateのときもそうやったが、なんでこうみんなが救われるような都合のイイ話にならんのか・・・いや、もちろんそういうエンディングもあるんやけど、でもやはり胸打たれるのは、現実的な結末を迎える方のエンディングで。あぁ!くそぅ!結局人は一握りの人間しか救われへんのか!とか思ってしまう。いやまぁ、みんな割と幸せなエンディングはちゃんとあるんやけど、それは何もかもがうまくいった場合のエンディングで、まぁやっぱそっちはどうしても「ゲームやなぁ」と感じてしまうわけで・・・。

・・・やっぱ主人公になれるのは絶望の上でもちゃんと希望を捨てずに生きていける人なんやなぁと思ってみたり。まぁ俺には無理。そういう意味ではFateの主人公は本当に怪物みたいなやつやったなぁ・・・。あんなThe鋼の精神!みたいなやつおらんって。それに比べて月姫の主人公はまだ割と一般市民に近い感じ。それでもかなりタフですが(精神的に)

ふむ。少なくとも現実世界であれだけの絶望はそうそうあることでもないし、俺はそんなに強くなくてもええかな、と思うわけで。でもああいう強さにはずっと昔からあこがれていたりで、結局どないやねんみたいな。まぁ、ゲームもなかなか侮れんなぁと(何やその結論?)

さて、残るシナリオはあと3人。でもなんか事の真相が半分以上推測できてしまうので、残りどうしよかな~と思っていたり。こういうとき推理小説読んでると下手に結末を推測してしまってダメですね。まぁ下手な推測なんで、たぶん推測し切れていないこともあるだろう、つーかあってくれと思いつつ、残りを頑張ることにします。
[PR]
by yakuzaneko | 2006-09-15 01:38 | やくざの日常
どうも、やくざです。またこんなんやってみました。

FF3ジョブ診断

ちなみにやくざは赤魔導士でした。最近こういうのを見つけては片っ端からやってます。で、大体結果として多いのは「好奇心旺盛で飽き性」。まさに俺です。「ある程度できるようになったら興味を失う」。まさにその通り。あまり褒められたものではないですが。最近は目新しい曲聴いてないから曲聴くのもちょっと飽きてきた感があるしなー。なんか新たなモノを見つけなければ。
[PR]
by yakuzaneko | 2006-09-03 23:55 | やくざの日常
今日は初の路上教習に行ってきました!車の講習所の。


インストラクター「じゃあそこ左に曲がって路上に出てみようか」

やくざ「は、はいぃ!」

(5分経過)

・・・。・・・。・・・あれ?割と簡単じゃねぇ?ふふふ・・・はっはっはっ!路上教習おそるるにたらってうおおおぉぉぉ!?チャリがっ!左からっ!恐ぇぇぇぇ!!!


・・・路上教習なめてはいけません。まぢで。でもまぁたいしたトラブルも無く終わったし、このままのペースなら楽に合格できるやろう(何を根拠に?)

で、気が付いたら9月ですね。世の学生さんたちはもうすぐ2学期・・・。頑張って。大学生はあと1ヶ月暇人やから。さて、あと1ヶ月何をしましょうかね?
[PR]
by yakuzaneko | 2006-09-02 16:33 | やくざの日常

ブログを利用した備忘録


by yakuzaneko